2015/11/29  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015/10/31 21:11 
『音とことば』御礼(*´w`)☆

ちょっと、
情けなくなってしまうぐらい
此方ではお久しぶりです(;w;)

すっかりBlogの更新が
滞ってしまっていました。
前回がもう5ヶ月前・・・。

今年は・・・

結婚したり

旦那様が
熊野で本格的な猟師の修行を始めたりして

熊野への行き来もありなかなか落ち着かず、
えらーくバタバタしてしまっていたのですが、

ようやく

ようやく

少し心に余裕を持って
生活出来そうです☆∩(´w`)∩☆

ほったらかしのアレやコレやを
進めて行きたい。。。。ッ!

さてさて、
そんな中ですが、

本日は朗読家のつじあけみさんにお招き頂き、
平安堂』さまにて朗読イベント
『音とことば』に出演させて頂きました☆

わたくしはヴァイオリンで、

つじあけみさんの朗読
宮沢賢治『注文の多い料理店』に
ヴァイオリン&ちょこっと科白でコラボさせて頂き、

京ふさこさんの京ことばでの朗読
源氏物語より『若紫』に
ヴァイオリンでコラボさせて頂き、

更に、30分LIVEの時間を頂けましたヽ(*´w`)ノ゚♬

『注文の多い料理店』は
かなりの方がご存知の物語。

お話がかなりドラマチックで
何度聴いてもドキドキしてしまいます。

お間抜けな兵隊さん達が
山猫亭の看板に徐々に不安になって行く感じ。
彼らの心の動きを音で煽れたらなぁという気持ちで
音をつけさせて頂きました☆

辻さんのお声の使い分けが素晴らしく、
兵隊はコミカルに。
ネコの声は恐ろしく、
辻さんひとりでも充分に完成された世界。

その世界が
ヴァイオリンの音でより立体的になっていたら
良いなぁ・・・(*´w`)と思います。

京ふさこさんの京ことばでの朗読も、
もう、おひとりで世界観が素晴らしくて。
特に京ことばは、
ことばそのものにリズムと音の広がりが有り、
音楽のようなのです。

なので、ここは音楽をつけるというよりも、
空気の色をつける、という気持ちで
やらせて頂きました(´w`)♥
平安絵巻物の世界に
皆様をお連れ出来ましたでしょうか。

30分頂きましたLIVEのお時間は、
事前にお子様から大人、ご高齢の方まで
かなり広い年齢層の方がいらっしゃると
お聞きしましたので、
なるべく幅の有る選曲にしたいと思いました。

ハロウィンなので魔法や魔女、
死者に関する曲を、
映画やアニメの曲から数曲。

そして、何と言ってもメインは
サンサーンスの『死の舞踏』。

実はわたし、
この曲が昔から大好きでした。

しかし、演奏時間が少し長め(8分弱)なのと、
あまり知られている曲ではない事。
題名に『死』という言葉が付いてしまうので
あまり良くないかなと思ったりと、
プログラムに入れた事は今まで有りませんでした。

でも、今回はハロウィン。
これは・・・・
チャンス!!!(°w°)!!!!

しかも今回のイベント名は『音とことば』

この曲は、サンサーンスが
友人のカザリスの死から霊感を得て書いた曲なので、
正に『ことば』から産まれた『音』
です。

これは、絶対に弾きたい!
そして、聴いていらっしゃる皆様にも
是非その世界を楽しんで頂きたい!!!

ですので、
事前にカザリスの詩をプリントして
お配りしたり、
曲の中に有る色々な音の意味を
少し説明させて頂いたりしてから
演奏させて頂きましたヘ(´w`)ゞ♬

ずーっと演奏したかった曲なので、
今回お披露目出来てとても嬉しかったです☆



御来場頂いた皆様☆
つじあけみさま、
京ふさこさま、
平安堂さま、
本当に有り難うございましたヽ(*´w`)ノ゚♬
|  1/71PAGES >> |